ハ ー ブ バ ス

スポンサード リンク


ハーブバスとは ハーブバスの効能・効果

ハーブバスは昔から病気の治療、美容、健康増進のために使われてきました。
ハーブの香りと薬効は心身の疲労を和らげ、穏やかなくつろぎを与えてくれます。

ハーブバスとは 効能・効果

ハーブバスは、香り成分の効果を鼻から吸入するだけではなく肌からも取り込むことができ、肌に潤いをもたらします。

ハーブバスに入った後、湯冷めをしにくいのは、ハーブに含まれるの精油の成分(エッセンシャルオイル)が体の表面に付き、体温が逃げるのを防ぐからです。

そのためハーブバスから上がる時はかけ湯をしないようにし、軽くタオルで水分を押さえるだけにするとよいでしょう。

スポンサード リンク


お風呂にお勧めのハーブ

1.リラックスしたい時に
ラベンダー、ローズ、カモミール、ジャスミン、月桂樹、ベルガモット

2.不眠症対策に
ラベンダー、カモミール、マジョラム お風呂・ハーブバスにお勧めのハーブ

3.体を温めたい時・冷え性の人や冬場に
ラベンダー、カモミール、タイム、月桂樹

4.筋肉痛や疲労時に
ローズマリー、タイム、マリーゴールド、ミント


5.美肌のために
ローズ、ローズマリー、リンデンフラワー

ハーブバスの楽しみ方

1.ハーブの用意
フレッシュハーブが手に入る季節にはフレッシュを使い、冬の時期は収穫したハーブを乾燥させて使います。

ハーブバスの楽しみ方・ラベンダー

2.浴槽に入れる
粗く刻んだハーブを木綿の袋に入れて口を縛り、浴槽に入れます。
フレッシュハーブの葉と枝を使う時は軽く水洗いして、束ねて入れます。

3.煮出す場合
或いは、ホウロウの鍋などでハーブを煮出して成分を抽出し、そのお湯を浴槽に入れます。

4.ドライハーブの場合
ドライハーブの場合はフレッシュハーブの半量、家庭用のお風呂に10g〜20gが目安です。
使い捨てのお茶パックにハーブを入れると便利です。

5.ゆっくり楽しむ
ぬるめの温度にしてゆっくりつかると、より効果を得られます。


HOME

ローズヒップ

アロマテラピー

ハーブ

マクロビオティック

心の窓

リンクについて・リンク集

プロフィール

Mail  


スポンサード リンク